卒業生インタビュー

vol.2 細中 安奈 さん

投稿日:

5 「アメリカにずっといたくても日本に戻らなくてはならなくなった時の心境」

※ 2013年インタビュー当時

日下田 日本に戻る事になって、アメリカにずっといたくても戻らなきゃいけなくなって、その時の心境とかどんな?
細中 いいとこ訊いて下さいますね。もう泣きました。泣いて泣いて、アメリカにずっと住むと思っていたので。弁護士にも何回も会いに行って、なんとかなるだろうと信じていました。弁護士側も見込みがあるから承諾してくれたと思っていたのですが、申し込んでから1ヵ月で却下されたという通知が届きました(笑)。
その手紙を読んだ時は手が震えました。でもその手紙を受取った時点で不法滞在なんですよね。不法滞在って1日でもすれば罪になるのではなく、ある程度の猶予は与えられました。でもなんとかしたかったので、8人ぐらい弁護士を回り歩きました。そこで1ついい所があって、そこで話を聴いてもらいました。
そこで移民局に提出したものを見せたら、「これじゃあ通るわけないよ」と言われました。自分の実力も足りなかったのですが、弁護士にも問題があった様です。
その法律事務所では他のビザで可能性があると言われましたが、日本円で40万円ぐらいかかると言われ、10日以内に支払って下さいとの事で親に電話したら、「もういいんじゃない」と。自分も「ここまで頑張ったんだから」と吹っ切れて、手紙をもらって2週間で完全帰国しました。
日下田 日本に戻って来た後、また何度かサンフランシスコとかに行ったりはしてない?
細中 そうですね。今でも行きたいですね。でも日本での生活があるのでなかなか実現しません。来年にはロスの友人らに会いに行きたいと思っています。

> 前のページへ  > 続きを読む 

-卒業生インタビュー


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

梶山さんと飛鳥高校と同窓会について話しました

梶山さんとお話しさせていただいた時に、飛鳥高校と同窓会についても話しました。 今後の飛鳥高校同窓会の動きについても話しているので、 見ていただくととても参考になります。 日下田 光(Akira Hig …